ウォーターサーバー 乳児

ifsイントラレーシック

レーシックよりもより高性能な視力矯正手術として注目を浴びている、ア メリカのINTRALASEと言う会社が開発したイントラレースFSレーザを使うイン トラレーシック。レーシックとこのイントラレーシックの差は、レーシックが角膜表面を薄く捲ってフラップ(蓋)を作るのに 対し、イントラレーシックはイントラFSレーザーに搭載されているコンピューターに内蔵されたデーターからその患者に最もあったデーターを基にフラットより正確に作成するものです。

 

こ のイントラレーシックの中でももっとも新しいレーザー機種、ifsフェムトセカンドレーザーを使って行うものをifsイントラレーシックと呼びます。このifsイントラレーシックの特色は作成するフラップも患者の目に合わせたオーダーメイドとなる為に、フラッ プの形状、角度などがピッタリと合いずれる恐れが無い為に、強い衝撃にも耐える事ができるので、激しい運動を主なうスポーツ選手などに向いていると言われています。

 

またフラップ作成の正確さは他の機器よりも飛躍的に高く、所要時間もわずか10秒という速さです。このifsイントラレーシックはオーダーメイドによる高性能な機械をいその正確さが、患者に与える不安感、また負担の軽減と高い安全性の信頼が置ける手術と言えます。

イントラレーシック アイレーシック

レーザーを角膜に照射してカーブを変えることで視力矯正をするレーシック手術は、1990年代にアメリカで始まったものです。最近はコンピューター制御によるレーザーを使った、より高度な角膜表面のフラップ(蓋) の作成が出来る様になったイントラレーシックやアイレーシックなどが人気のようです。

 

このイントラレーシックはアメリカINTRALASE社が認定した、医院でしか行なわれない高性能なイントラFSレーザーを使った手術で、人の手ではな くコンピューターにインプットされているデーターを元にフラップを作成する物です。私たちの目の形は、掌紋や指紋などと同じように一人一人違い、イントラレーシックはインプットされているたくさんのデーターから、その患者に一番目のあったデーターを取り出し、コンピューターに入力しレーシック手術を行う物です。

 

イントラレーシックがたくさんのデーターからフラップを作り出すのに対し、アイレーシックは患者の目をコンピューターでスキャンしてそのデーターから角膜表面のフラップを作りだすのでより正確なものが出来る事になります。アイレーシックは本人のデーターからフラップを作るカスタムオーダーと言っても良いかも知れません。

 

ウォーターサーバーについて

イントラレーシック デメリット

色々なクリニックが有名人とイメージキャラクターに起用して、その体験談などを公表した事で、レーシックは一般の人にも浸透しています。エキシマレーザーを角膜に照射する事で、0,1以下であった視力が1,0以上に向上すると言う視力矯正手術です。

 

最近はコンピューター制御が搭載されたイントラFSレーザーを使ったイントラレーシックという物が人気が出ているようです。これはアメリカINTRALASEという会社が開発した、高性能のコンピューターによってオーダーメイドされた角膜表面を再生する視力矯正手術です。レーシックの手術では角膜表面をめくってレーザーを角膜に照射して、その屈折率を目に合うように調整する事で視力の矯正をします。調節が終わると捲った角膜表面を蓋とするのですが、この蓋がコンピューターによって正確にまた安全に再生する形をなります。

 

このように正確さを高めたイントラレーシックですが、デメリットとして角膜表面にコンピューターで処理した蓋が定着するのに時間が掛かる事です。また手術後は感染症や合併症から角膜を守る為にサングラスや保護用のマスクを着用するなどが義務づけられます。また他のデメリットとして通常のレーシック手術よりも多少の時間が掛かると言う事です。

更新履歴


このページの先頭へ戻る